ZEHへの取り組み

ZEH目標公表資料


ZEH 実績と今後の普及率目標
目標                                           実績

2016年度(平成28年度)         2016年度(平成28年度)
新築    10%              新築   34%
建売                    建売
既存改修                  既存改修
 
2017年度(平成29年度)
新築    20%
建売     
既存改修  
 
2018年度(平成30年度)
新築    30%
建売     
既存改修  
 
2019年度(平成31年度)
新築    40%
建売     
既存改修  
 
2020年度(平成32年度)
新築    50%
建売     
既存改修  

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

・自社オフィスカウンターにZEH資料コーナーを設置、来客への配布。
・ZEHの周知・普及に寄与するブログの定期更新。
・自社ホームページにおいて、ZEHで建てられた物件の施工例紹介。
・完成披露会でのZEHの紹介や詳細説明、ZEHについての資料配布。
  

ZEHのコストダウンに向けた具体策

・弊社のZEHへの取り組みを、ホームページやブログにて広く告知し、
  多くの方に当社の魅力を感じていただく。
 顧客の分母を大きくすることで受注率も上げ、商品普及による流通価格の低下を図る。
・弊社独自で取り組むだけではなく、仕入れ先、取引先との連携も深める。
  情報交換を密にし、日々刻々と進化するサッシや断熱材への知識を深め、
  商品原価、施工性を考慮しながらコストダウンを図っていく。
 
 

その他の取り組みなど

・ZEHに関する各種研修会、勉強会への積極的な参加。
・ZEHの基準を満たすだけではなく、土地や気候にマッチした、より顧客満足度の高いプランの提案。