ブログ

上越市 注文住宅のShinseiブログ

春日山新オフィス工事中・①! [建築中]

投稿日時:2018/09/05(水) 14:00rss

皆様いつもShinseiのブログを
ご覧いただきありがとうございます!

さて、6月に地鎮祭の様子をご紹介した
春日山のShinsei新オフィスの工事の様子を
振り返ってご紹介していきたいと思います

まず今日ご紹介するのは
【地盤調査】・【地盤改良】です!!

皆様が住宅を建てる場合には、
地盤改良が必要な場合と不必要な場合が
ありますが、それは【地盤調査】をしなくては
わかりません。
地盤調査は建物を建てる際に必ず必要で
更地の状態で建つ予定の建物の四隅と
中心の最低5ポイントで測定します。
なので、建て替えの場合には、既存建物を
解体してから地盤調査を行います。

上越市では地盤改良が必要な場合が多いです

そして地盤改良にはいくつかの種類があります。

①表層改良工法
 軟弱な地盤が2mまでの深さの場合に行う工法です。

②柱状改良工法
 軟弱地盤が2~8mまでの場合に行う工法です。

③鋼管杭工法 
 軟弱な地盤が2m以上で、狭小地など大型
 重機の搬入が難しい場合に行う工法で、
 また柱状改良工法とは違い、コンクリートを
 混ぜる工程が無いため、コンクリートの粉末が
 飛散するなどの近隣へのご迷惑を防ぐことが
 できます。
 Shinseiの新オフィスではこの鋼管杭工法を
 採用しました!!


また、地盤調査の結果地盤改良が必要でない
場合もあります
長く住む住宅をきちんと支えるためにも
地盤調査・地盤改良はとても重要です

Shinseiの春日山オフィス新築工事も
もちろん地盤調査を行いました!!
【ボーリング調査】という方法で、
地下40mまで実際に掘りすすめ、
地盤を確認するのです
実際に地面にはゴルフのカップのような
穴が開いていました!
安心で安全な建物を建てるためには
欠かせない工程ですね!

さて次回は、実際のShinseiオフィスの
地盤改良の様子をご紹介します






 

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: